ロードバイクではドロップハンドルが主流

一般的な自転車に乗る時といいますと、背筋を伸ばして、肘を曲げた時に自然に手に届くところにハンドルがあります。通常はハンドルをしっかり握ることになりますが、その下にあるブレーキも握りやすくなっています。また、前方に危険があるときは、ベルなどを鳴らすことがあります。チリンチリンという呼び方をすることもあります。安易に鳴らすのは良くないですが、危険を知らせたりするときに軽く鳴らす方が良いこともあります。自転車のフレームに関しては、下の方についていますから、簡単にまたぐことができます。左足をペダルにかけて助走をつけてから乗るという人をよく見かけます。この自転車においては、安定性であったり、操作性が重視されているように思います。また、視界も良好です。背筋をしっかり伸ばしていますから、自然に前方を見ることができるようになっています。利用の用途としては、買い物であったり、荷物を多く載せることがあります。

ですから、ハンドルの操作性が悪くなることがありあす。それでもしっかりと操作できますから、簡単に誰でも操作ができるということになると思います。子供からお年寄りまで、多くの用途で利用することができる自転車になります。街中で見かける一般的なものということになります。この自転車を見ていると、少し異質に感じるのがロードバイクということになります。こちらの特徴としては、ドロップハンドルというタイプがあります。一般的な自転車はそのまま手を載せればハンドルを握ることができるようになっていますが、ドロップハンドルは下の方に曲がった状態です。そしてその曲がっているところを持つことになります。だからドロップハンドルというのでしょう。ちょうど曲がっているところにブレーキも取り付けられていますから、何かがあった時にはそのブレーキで止まることができるようになっています。

一般の自転車に乗っている人には少し扱いづらいことになるでしょう。ドロップハンドルの良いところとしては、自然に前傾姿勢をとることができるということです。一般的な自転車であれば、背筋をしっかり伸ばしていますから、空気抵抗をしっかりと受けてしまうことになります。ドロップハンドルであれば、腰からしっかりと曲げられますから、胸などは隠れるようになります。レースをするという時には、空気抵抗はあまり受けたくありませんから、そのための姿勢をとりやすいということになると思います。また、直進におけるハンドル操作性が良いということになります。高速走行でもぶれにくくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*